佐渡の旅
読売旅行佐渡おけさ祭りバスの旅

運転なしで安い 朝からビールも飲めるぞ
期待のバス旅行 お天気良好
いつもの仲良し3夫婦の旅です
直江津まで7時間はきつい
直江津からはフェリーです

千円プラスで1等に
約2時間半の船旅は
ゆっくりゴロゴロできて快適
今時の船って豪華です
船から見た直江津方面
佐渡へ着いたのは夕方
最初の観光は佐渡歴史館
動く人形がリアルでおもしろかった
お土産屋さんにいた
ジェンキンスさん →
テレビで見るより若い
次に向かったのは
真野公園と祭りの会場
市民手作りの祭りって感じ
佐渡おけさにおばさん太鼓にオニ太鼓
ふるまい酒もあり 準備が大変だったでしょう
佐渡の夕陽

祭りが終わったのは日も暮れて
ホテルに着いたら8時を回ってました
すぐ食事してくださいって言われたけど
みんなでするば怖くない
六人揃ってお風呂へ直行
かなり急いだんだけどね
ちょっと睨まれた

先に食事ってホテル側の都合でしょ
飲んでお風呂じゃ体に毒です




次の日もお天気上々
サクラの向こうに高い山が
佐渡ってこんなに広いとは思わなかった
沖縄の次に大きい島だそうな

朝は7時50分発
今日も強行軍の予感

朝8時にはかもこ観光センターへ
お土産のお菓子を買って
佐渡百合を買いました
3ヶ月で開花するんですって
佐渡と言えば金山ですよね
こちらも人形 動かないけどね しゃべります
重い金塊も持てます 何とか持ち帰ろうとがんばるおばさんいたよ
金粉まぶしのソフトは濃厚です
金塊持ち帰りは断念して お腹に金まぶし 
夫婦岩で記念撮影
後ろの岩 右から夫・妻・子供・孫 だって
すぐ横に塩作りの釜があった
その辺の海から塩水取ってきて作ってるんだって なんか観光用に見せてる感じ
佐渡の道路 やっぱ人が少ない車が少ない
北国の信号って縦だって知らなかった 
その方が雪が積もる量が少ないからなんだって
試飲できる真野酒造へ
外国の某航空会社の御用達が自慢らしい
小さい瓶で2本買った
田んぼが多いよ 島国はのどかです
梨畑?柿かな  おけさ柿が有名だから 
たぶん柿だね
低く育ててる 
その方が取りやすいもんね


帰りのフェリーに乗る前に
タライ船体験
Y父さんだけ乗ったよ うれしそう
お姉さんだかおばさんだか
傘かぶってるからわからんよ
撮影班は大変よ
漕がしてくれてる でもグルグル回る やっぱりおばさん達は上手です
湾の周りを回るだけ それでも楽しそう 皆さん並んで体験してました
古風な交番
最後のイベントは ブリッジ見学 艦長さんが説明してくれます
見晴らし抜群です 子供が見たら憧れて船乗りになりたいって思うでしょう
直江津から又バスで長旅 でも予定時間ぴったり到着はさすがです
帰宅したのは夜10時過ぎ 今回はかなり強行軍の旅
旅行会社のバスの旅 一度は経験したかったからね
でもこの旅一度でいいかな 佐渡も一度でいいかな
inserted by FC2 system